JAXAの「はやぶさ」探査機を3Dプリンタで作って見た

「はやぶさ」つながりでThingiversに登録されていた、 JAXAの「はやぶさ」の3Dモデルを印刷してみましたがやっぱりアンテナの造形が気になり自分で作る事にしました。

「いとかわ」に着陸

先に印刷しておいた、「いとかわ」に2.5mmのドリルで穴をあけて、サンプラーホーンを挿して着陸させてみました。 

f:id:nakarobo:20190712013000j:plain

これでディスクトップにちょこんと置ける1/100「はやぶさ」と「いとかわ」のマスコット(フィギュア)が完成です。

f:id:nakarobo:20190714115125j:plain

まあこの小ささなので些細な造形や後加工は必要ないと思います。

「いとかわ」の3Dモデルのダウンロードは過去記事からどうぞ。

www.nakarobo.com

 モデルの公開 

この「はやぶさ」も3Dモデル共有サイトのThingiversにアップしておきました。

www.thingiverse.com

参考にしたJAXAのページを読むと、営利目的でなければ二次利用可となっていたので、権利を同じに設定しておきました。

カスタマイズ可能 

3mf形式の3Dモデルも一緒に入れておいたので、自分の気の済むまで、モデリングを楽しんでから、自分だけの「はやぶさ」を作って見て下さい。今回のように突然「なにか」を作りたくなったときに、単純なモデルなら割と簡単に作れるのが3Dプリンタの良い所です。

おわりに

ディスクトップに「はやぶさ」と「はやぶさ2」を飾って、「はやぶさ2」が地球に帰って来るのを待つことにします。玉手箱になにが入っているのか楽しみですね。

モデリングの仕方は、こちらを参考にして下さい。

https://www.nakarobo.com/entry/2019/07/07/125701

おしまい

この記事へのコメント