中野島ロボット

アクセスカウンタ

zoom RSS 週刊中ロボ52 突然ですがドミネーターを作りたい その18 超音波について その6

<<   作成日時 : 2019/04/16 07:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

サイコパス(PHYCHO‐PASS)というアニメーションの中の小道具、「ドミネーター」の音声再生機能を作ります。超音波スピーカーを試して見ます。といっても原理だけです。
f:id:nakarobo:20190404173549j:plain
 
良く見ると 
超音波スピーカー(銀色のケースの丸いやつ)の中を良く見るとホーンの様なものが付いています。そして圧電素子がケースの中で浮いているように見えます。
確かに昔から音の指向性をあげる方法として、ホーンを付けると言う手があります。口に手を当てて叫ぶとかとメガホンとかと同じです。
圧電素子にホーンを付けると超音波スピーカー程ではないにしろ音に指向性を持たせられそうです。
f:id:nakarobo:20190406214618j:plain
@超音波スピーカーA圧電スピーカーBなんちゃって超指向性スピーカー
@の超音波スピーカーは、音が前にしか出ないように、ホーンを付けて、後ろや横へ超音波が漏れないように圧電素子を浮かせているようです。
Aの圧電スピーカーは、ケースしに振動が伝わって、横からも後ろからも音が出てきます。通常裏は基板側ですが、圧電素子が裏側のケースに固定されているので、浮かせて使うと結構な音が(なんとなく前よりも)聞こえてきます。圧電素子の前の部分のケースの容積(大きさ)は、狙った周波数に合わせて決められています。
Bのように音が横に漏れないように、3Dプリンタでケースとホーンを作って、後ろに音が漏れないようにTPU素材で抑えるとなんとなく、ホーン型超音波スピーカーが作れそうです。
  
つづく
すこし脇道から戻りはじめました。
   
購入品情報
小さい圧電素子を複数使って、なんちゃって超指向性スピーカーが作れそうです。

中野島ロボット:○川

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
週刊中ロボ52 突然ですがドミネーターを作りたい その18 超音波について その6 中野島ロボット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる